さようなら奥州市

 辞令発令からバタバタと次の部屋を決め
引越し準備をして
荷造り最重要ポイントの二日間 青森へ行くという暴挙に出て
本日土曜日 旦那さんの見事な働きっぷりで間に合いそう
というカンジで まー落ち着かない日々でした。

青森市では 兄の仕事の打ち合わせがてらの飲み会に同席するも
仕事の打ち合わせ5分 残り7時間ただの飲み会かと錯覚してしまう夜。
延々とコーラを飲み 焼き鳥を食べ 時々笑うという作業を繰り返し
「じゃあ また会いましょう」というセリフを聞いてから
かれこれ30分 別れを惜しむ酔っ払い達。
↓ 左から 58歳 52歳 23歳。 


そしてなにより 雪。

前日まで小春日和だったんだけどなー・・・
夜12時の時点で積雪10センチ超え 見事に一面白銀の世界となり
酔っ払いを置いて 一人車の雪かきをして
酔っ払いを乗せて 運転し始めると 綺麗な地吹雪。
マック食いたいだの ラーメンがいいだの オシッコ漏れそうだの
ギャーギャー言う3人に呆れる暇も無く 必死の運転。
青森の有料道路を通ったのですが あれただの山道だろ。
800円くらい取られたんですが 意味分かんない。高過ぎです!
道路脇のせっぴから吹き降ろす雪によるホワイトアウト状態の中
兄とケンカしながら 雪に悲鳴をあげつつ三沢に帰ってきました。

ぐったりと疲れて やっとビールを飲み 寝るぞー!とベットに入ると
人見知りの猫が 何故かアタシのベットへ。
そして延々と足から背中にかけて踏み続けられる。

おかげで寝不足でしたが 翌日は八食センターでご飯を食べて
ホタテの貝ひもの干物を3パック1000円で購入し
満足して帰ってきました。

今度行く時は ゆっくり連泊で行きたい。
そして甥とゆっくりドラえもん見ながら過ごしたい。


さて 荷造りですが 毎度毎度
次こそは荷物を減らしたい スッキリした部屋にしたいわー
と思うんですが 見事に増えていきます。
最初のうちは結構頑張って仕分けして箱詰めするのですが
後半はもう面倒臭いので
炊飯器と雑貨が一緒の箱に入ったりと 異色コラボしております。

荷出しの時に困るのは自分だと分かっているけど
どうしようもない。

水沢の思い出は 酔っ払ってぶつけて足の爪がモゲたこと。
次の町では もう少しお上品に飲めたらいいなと思います。
っていうか 一緒に飲めるお友達を作りたいと思います。


じゃじゃじゃー

 最近 テレビをよく聞きます。
付けているのですが ほぼ見ることなく
編み物をしながら聞いています。

で なんかよく耳にする機会が増えたと共に
この歌 斬新wwwwwwww と思うのが
岩手ローカル番組の 「じゃじゃじゃTV」

OPのみのモノは見つけられませんでしたが
こちらの冒頭で その一部が聞けました。


このオープニング曲なのか テーマ曲なのかよく分かりませんが
歌詞が「じゃじゃじゃTV」のフレーズオンリー。
番組名を覚えろと言わんばかりの繰り返し。
そして合唱部的な歌声でこれを歌い上げている。

色々すげーなおいwwww と思いながら聞くたびにニヤっとしてしまいます。

さて テレビを聞いていると CMも色々と聞こえて来る訳で
ノラ・ジョーンズから一躍有名になったtime to say goodbye


おっさんの声もステキー! とか聞きほれちゃうんですが
噴水のど真ん中から どーやってGOするのか。
なんて考えちゃったりするCMでもあります。

聞くたびにスキ!これスキ!と思うのがこちら


ONE OK ROCKという日本のバンドでした。
曲調もスキだし つか声がスキだわー とか思ってたら
まさかの森進一と森昌子の息子wwwwwwwwwww
進一も昌子もスキよwwwwwwwww
ジャニーさんに youなっちゃいなよーと言われて
一時期NEWSにも在籍してたようです。
歌が上手な親からは 上手な子が出来るもんっすね。



ぱーまねんと

 引越しでバタバタするなーっていう矢先
旦那さんの親戚が他界されたとのことで
日曜日は葬式です。
ここから高速に乗っても2時間くらい掛かる所に
朝8時には着くように だそうで・・・

むりぽ・・・

って言葉しか思い浮かびません。


ということで 旦那さんの親戚に会うことになりました。
ダメ嫁がここぞとばかりにダメっぷりを発揮する場です。
葬式も 身内の葬式は幼少期のみで分からない事ばかりですが
旦那さんの実家方面は やはり地域独特のものがあるようで
法事で叔母様方にチクリチクリとやられた記憶があります。

今回は きっとチクリじゃ済まないんだろうなあ・・・


まー・・・とりあえず髪がモッサモサなので
ちょっと美容院行っとこう・・・
と思ったのですが いつも行ってる所が時間が合わず
仕方ないので水沢の美容院に行ってみました。

大型のお店だったのですが
入るなり受付のお嬢さんが ポカーンとこちらを見ている。

アタシ そんなポカーンとするほど汚いですっけ・・・?

と一瞬たじろぎましたが いやいやそんなこと無いでしょ。
いつも通り程度の汚さなはずでしょ。
と 自信にもならない自信を取り戻し
「予約してないんですけど大丈夫ですか?」
と聞いてみました。
「ハイ クーポンや 希望担当者はございますか?」

クーポンまでは分かる。
初めてですけど って言ってんのに希望担当者居る訳無くね?
初めてでもお願いしたいカリスマでも居るんかな・・・

ぐぐっと飲み込んで
「いあ ないです」

「こちらで少々お待ちください」
「あい」

受付のソファーで待つこと2分。
目の前にあった適当な雑誌を読んで待っていると
確実にアタシを見てるヤツが視界に入った。
しかもすごい体を「くの字」にして 下から覗き込んでくる。
すごいアタシの視界に入ろうとしてきてる・・・
でも声を掛けられない・・・・なんなの・・・

なんなのおおおおおおおおお!!

と思い 意を決して顔を上げてみると
体をくの字の体勢のおねーさんが
「友達?」 と聞いてくる。

は?

人違いしてんのかな・・・と思いつつ 少々の苛立ちを抑えつつ
「はい?」と聞いてみると

「友達?待ち合わせ?あれ?友達?」

意味わかんねーし 誰とも友達じゃねーし
まず客じゃないのかって考えてみようよここ美容院じゃん


を ググっと飲み込み
「いえ 違いますけど。」

「あれ?友達じゃないの?待ち合わせ?」

なぜ一回で引き下がらないのかこのメスブタめ!
なぜ失礼しましたと言えないのかこのアンポンタンめ!
ここは待ち合わせスポットか?ハチ公的な有名待ち合わせスポットか?
違うだろう!ここは美容室だ!
店員じゃない人がいたらまずは客だろうがこのボケナスがあああああああああああ



を ググっと飲み込み
もう会話したくなかったので 3秒見つめてから下を向いてシカトしました。

もうこの時点で我慢することにチカラを使い疲れ果て
カラーとパーマをしてもらいましたが
出来が 希望のモノとは似ても似つかないんですが
まー いつものことだ とグッタリして帰ってきました。

結論 行き慣れた所がやっぱりいい。


恒例の

 このたび 3年ぶり20回目の引越しになりますた。

水沢に来て3年。
今まではなんだかんだでお友達が出来たりと
寂しい思いをせずに生きてこれたほうですが
郡山でのカルチャーショックぶりの 水の合わなさ。

ということで 引き篭もりに拍車がかかりましたが
今度の引越し先は

また岩手。

まさかの県内栄転だそうです。

今度は盛岡のベットタウンでの職場っぽいので
今のように 
電車は1時間に1本終電22時台とか
目の前バイパスとか
ヤンキーいっぱいとか
夜中に目の前の信号でちゃんと停止する暴走族とか
不便なことが多少解消されそうです。

ママンの家にも少し近くなりました。

が 辞令が出るのが相変わらず遅い訳で
急いで物件問い合わせてももう無いわけで
ペット可物件はさらに無いわけで
「んー こっちとこっち どっちがいいかな〜」
なんて考えてる時間は無いわけです。

5万円台の日当たり不良のチョット古い部屋
10万円台の日当たり良好3F建て庭付きドックラン付きの部屋
格差があり過ぎて 選ぶのがツライ。
岩手で10万払う気になれないなあ・・・
間くらいの丁度イイヤツ ないですかね・・・


春っぽい季節

 東京などでは春一番を観測したそうです。
こちら東北のはなぜ報道しないのかと思いましたが
東北地方に春一番は無いそうです。
地理的に発生条件が合わず ということらしいっすよ。

今日は恐ろしく強風でしたが これが春一番だとしたら
すんげー寒くて痛くて 春を微塵も感じられない風でした。

さて アタシは一生のうち あと何度
醤油パックなどの
「こちら側のどこからでも開きます」




シャンプー詰め替え用などの
「手で切れます」


に 騙されて生きていくんでしょう。


どこからも切れないよっていう確立のほうが格段に高い。
少しずつ場所を変え変え チャレンジしても
どんどんビニールがグニャグニャになっていくばかり。

いよいよ歯を使ったりして戦いますが
まー切れない。
お!切れた!と詰め替えようとしてみると 絞っても絞っても出てこない。
断面を見てみると 注ぎ口に届いておらず
ムダにビニール部分が切れただけ。


ずぶ濡れの真っ裸で 寒さに震えながらハサミを取りに行くのはツライです。



ということで最近は信用せず 最初からハサミで切るようにしていますが
やはり忘れた時にチャレンジしては 苦虫を噛み潰す思いを味わっています。

もう少しどうにかなりませんかね。


時間が・・

 時間が足りません。
今までボーっとしてた時間を
ギュっと圧縮して今に持って来たい感じです。
こーいう気持ちになったのは
旦那さんが前職だった時
丸投げされた確定申告時期以来です。


さて 外は雪。寒いです。
2月も後半だというのに。

頭を使っているからなのか
夜中に唐揚げ食べても チョコレート食べても 餅食っても
朝 体重計ると・・・ 太ってなーい!
というかむしろ痩せております。
なにこれ死ぬところでしょうか。
健康診断なんて何年と行っていないので
若干の不安はありますが まー冬ですしね。
寒くて体脂肪燃やしてるってことにしておきます。


ここ最近 旦那さんが仕事から帰ってくると
朝シャワー派だったのに 夜 湯船に入ります。
そして朝も軽くシャワー浴びてるそうです。

足が寒いから湯船に入りたいということらしいです。
だったら朝やめたらいいのに と思ってしまうんですが
あらかた40のおっさんは 朝も入らないと臭うんでしょうか。
とチラリ思ってしまったので反対はしておりません。


 ブロッコリーが嫌いな人は
ブロッコリーを 「なんなのあの小さい森」
と思うようですが
アタシは 小さい森ことブロッコリーは好きです。


だが てめーはダメだ!カリフラワー!!


小学生の頃 多分初めて食べたのが給食。
それから一切クチにすることなく大人になり
大人になると 再び遭遇する機会が。

大人になったら味覚変わってスキかもー?
という淡い期待を打ち砕くカリフラワー。
なんつうの 水っぽくって ミャってなります。

オマエが腐海の植物に思えて仕方が無い。


連休

 なんで朝9時のアラーム鳴ってんのに隣に旦那が寝てんの?
と 寝惚けながら考えておりました。
連休でしたね。

建国記念日だそうです。

古事記や日本書紀に基づいて 明治時代に制定されたそうです。
ということで そういやーそうだねすげーねって思ったんですが


画像ちっこくなっちゃってるんでしょうか。
一番下の濃い目のピンクが日本です。
幕府の捉え方やら明治維新で国名が変わったとか
ちょいちょいあっても 日本は日本のままなんだね。
他国から侵略されて国ごと変わってないんだね。
そんで神話になっちゃうくらいの時代から天皇制が続いてるってスゲー。
今 色々と揉め事が表面化してきたりしてますが
今後も平和な日本が続きますように。


さて 今月まだ10日ですが すでに毛糸代だけで2万以上出費中。
服1枚買うのに 3000円ですらだいぶ悩むというのに。
冬物毛糸がもう処分されているので
今後のために買いだめというかなんと言うか。
あとは今月はもう買わないつもりです。
落ち着いた色のひざ掛けを作ろうと編んでいましたが
細い毛糸で進まないっていうのと
色がつまんねーんだよ!っていうので
なかなか捗らず 結果的に途中でぶん投げました。

なかなか外に出ないアタシですが
たまに外に出て 雪に埋もれた駐車場を横断する時など
意識は左に向かって歩こうと思っているのに
目は正面のツルッツルに凍った段差を見つめ

結果的 意識敗北・目の勝利になると ズルンっとスベってみたり
意識勝利・目敗北になると ギリギリ回避しても 二歩分 欽ちゃん歩きになってみたりです。


まともに歩くことも困難になっております。
春よ来い。


2月といえば

 間もなくバレンタインデーですね。
スーパー行って チョコ山積みコーナー見るまで
すっかり忘れております。
アタシは特にあやかることなく 萎れたお年頃となりましたが
まだキャッキャ出来る方々 頑張って下さい。


寒暖差がすごい事になっておりますが
今日は寒いです。
トイレ行くのも億劫になる。
便座が暖かいのが救いですが
簡易暖房買おうにも トイレが超狭いので難しそうです。


先々週 ラーメンを食べても味が分からなかったアタシ。
風邪ひいたんだろうか・・・外出てないのにな・・・・

先週 煮込みラーメンを食べても味が分からなかった旦那さん。
「オマエから移ったんだろうな」

今週 寒気と鼻水が止まらないアタシ。
「オマエから・・・・(以下省略)」

この調子だと無限ループです。


前沢ジャスコのテナント手芸店が閉店となりました。
数少ない 行ける手芸店だったのに・・・
ハマナカ買えたのに・・・

コープに入ってる手芸店は 秋頃から店内改装して
手芸コーナーが半減。雑貨屋併設となりました。
毛糸がごっそり減ってくれたので超困る。

駅前手芸店は 駐車スペースが遠いので超行きずらい。
雪道を歩いて行くには地味に辛い。

ネットで買うのも 初めての毛糸を画像だけで買うのがチョット怖いです。
さて どうしてくれよう。


十数年ぶり

 兄からの脅迫でとあるツールを使い始め
思いっきり放置しておりましたら
兄の前嫁様の長女に探し当てられ
十数年振りに連絡を取りました。
 
ロマンが今年13歳になるから それ以上前ですね。

鼻水がガビっとなったままでも
たくましく やんちゃだった小学生の長女は
結婚してママになっていまして
化粧もしちゃってまー変わるものです。

兄から いい音のするゲンコツをゴリっと喰らっても
なかなか泣かないたくましい娘でした。

アタシが会っていたのも20代前半〜中盤だったのですが
急に現れた「パパの妹」にもすぐに馴れ
二人姉妹とくっついて遊んでいました。


急に出来た父と兄に どういう風に接したものかと
キャラ設定がまとまらず 少々他人行儀だった時も
鼻水鼻くそガビガビだけどこれ美人だろ姉妹が
「せごおねえちゃーん」と寄ってきてくれたので
本当に助かったのを覚えています。

長女に関しては
アタシが父や兄に会うずーっと前
父のベットの下から 一枚の写真を兄が見つけ
「なんで長女の写真持ってんだ?」と一瞬思ったそうですが
よく見れば時代的におかしい写真で 父に問いただすと
「それ お前の妹」 と衝撃発言をサラリとされたというほど
幼少期はアタシと似ていたようです。

いつかまた会えるといいなあと思う反面
「せごお姉ちゃん だいぶブスになったけどwwwwwダッサwwwww」
とか言われちゃったらどうしようかと すでに不安になっています。
十数年のブランクは 女は重いぜ。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
iTunes Store
 iTunes Store(Japan)
DELL
デル株式会社
IDEA online shop
IDEA online shop
オセロバトル公式サイト
   OB3
ワーナー・マイカル・シネマズ
映画館で並ばずにチケットが買える!
selected entries
categories
archives
recommend
水木しげる妖怪大百科
水木しげる妖怪大百科 (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
水木先生の馴染み易い妖怪からお入りください。一回読んだらお話しましょう
recommend
<COLEZO!TWIN>賛美歌名曲集
賛美歌名曲集 (JUGEMレビュー »)
讃美歌,宗教音楽研究会合唱団,鈴木寛一,三宅春恵,日本女声合唱団,KAY合唱団,藤沼昭彦,長野羊奈子,森野光生,東京混声合唱団,二期会合唱団
困った時は神様仏様と多神教なアタシですが、家でお経聞いてるよりはいいでしょ
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座